教育方針

『教育の基本は体力と笑顔から』を常に心掛け、園庭でのマラソンや、リラックスした雰囲気の中で、基本的生活習慣を身につけられるように、家庭との連携を深めています。
当園では自然を模倣した、アスレチック・広い砂場・鉄棒・跳び箱・竹馬・一輪車・縄跳び・いろいろな遊びの中、園児自身が主体となり教員はそれをサポートし、自由な発想で保育を行っています。
自由な遊びの中でルールを子供同士が作り、それをひとつひとつ守っていくことで協調性・自立性が生まれてくれればと願っています。
「遊び」の中に小学校に上がってからの学習の基本があると考えています。
教員は担当クラスのみではなく全園児を把握できるように常に情報交換を行うように心掛けています。

専科教育

担任が行う設定保育以外に、体操教室、少林寺拳法、サッカー教室、英語教室を専門の指導者のもとで行っています。
様々な経験を体験する中で、協調性や個人の能力を培う環境を作っています。

体操

(年小・年中・年長児対象)

マット運動、鉄棒、跳び箱など体力、敏捷性などを養うため、年少から年長まで行っています。

また、運動会でも20分程度、体操プログラムの発表を行っています。

少林寺拳法(週1回)

(年小・年中・年長児対象)

礼儀作法と行動の機敏性を身につけるために年小から年長の子どもたちが教員と共に週1回、指導者のもとで稽古をします。

少林寺拳法のホームページへ→

サッカー教室

(年中・年長児対象)

2~3人の指導者をコーチと呼び、コーチと呼ぶことが嬉しく、特別な気持ちを持ちます。
年に18回、1回に30分の練習を行います。
年長になると最後に園内でサッカー大会があります。
その大会を目標に指導を受けます。

英語

(年小・年中・年長児対象)

ECCより専門の先生や外国人の先生が来て、ゲームなどを交えて英語の楽しさを学んでいます。

畑での野菜栽培

種植え、苗植え、栽培、収穫を泥まみれ、汗まみれになりながら、自分たちで行うことにより、偏食をなくす食育を行っています。
また、さつまいも収穫後は、焼き芋大会を行っています。

恩田幼稚園 1年畑計画
インゲン豆   種植え4月 収穫7月
ミニトマト   種植え4月 苗植え6月 収穫7月
きゅうり     種植え4月 苗植え6月 収穫7月
ピーマン 苗植え5月 収穫7月
人参       種植え5月 収穫11月
グリンピース   種植え11月 収穫5月
玉葱 種植え9月 苗植え11月 収穫5月
さつまいも 苗植え5月 収穫10月
じゃがいも 種植え2月 収穫6月
大根 種植え9月 収穫11月
ほうれん草 種植え9月 収穫12月